PAQOAQ-創作日記

自作小説、自作詩、HSPプログラム、他

p-009-貴方の淋しさ

-
貴方の淋しさを下さい
貴方の孤独を下さい
私はそれに浸りたい
そして静かに
貴方を抱きしめたい

-

g-018-simply

g-018
-

p-008-愛は言葉に

愛は言葉にならぬ
どんな理屈も思考も寄せ付けない
愛はただそれのみとして美しい

愛がある限り人はそれだけで
美しい
私は愛をもっている人間が
好きだ
-

p-007-軽やかな

-
軽やかなピアノをバックに
私は夢を見つづけて来た
そして今も
夢の中に生きている

音楽の中に愛があり
愛の中に音楽が
生まれる
-
それは
感情の抑揚とともに
始めは弱く
しだいに高まって
体全体を包み溶け込んで
そして消えていく

愛はつきなく
愛は深い

そして色んな形で
色んな所で
生まれたり
消えたりしている
-

小話-009-お寺の女

[お寺の女-その1 夏]

私、三十路、住職のかくれ女ですわ


むなしさに
髪振り下ろし
鐘をつく

ゴーーーン

先日、お寺で異例の結婚式が
若い人っていいわねー、のろわれよ

真夜中に
あなたのほほに
キスをする

ゴーーーン

私があまりにも美人だから、まさか
はげ坊主が好きだなんて、誰が信じるの

暑さにも
めげずに寺の
草取りを
住職の腰のラインも
素敵なの

ゴーーーーン

♪夏がくーーれば思い出すう

去年の夏の夕暮れは、せんこう花火みたいに
燃え上がらなかったわ、今年は1尺玉でリベンジよ

暗闇で花火の写生は
無理なのよ
現実逃避はやるせない

ゴーーーーン

雨降りに
鼻緒が切れて
すそを踏む
のろった私がばかだったわ

ゴーーーーン

カツカツ、コツコツ
ゲタも靴もうるさいわよ、貧乏ひまなしだって
誰がいったの、当たってるわよ、おめでとう

なんまいだー

ゴーーーーン


--------------------------------------------
[お寺の女-その2 秋]

私、三十路、住職のかくれ女ですわ

ゆきすぎて わかる他人の
愛かしら

寂しさに
髪振り下ろし
鐘をつく

ゴーーーン

先日、近所の家にどろぼうが
入ったんですってよ
家族みんなで捕まえたってうわさ
家族の愛っていいわよね
うらやましー うらめしやー

真夜中の
あなたの寝顔に
キスをする

ゴーーーン

私があまりにも美人だから、まさか
はげ坊主が好きだなんて、誰が信じるの

秋の七草
摘んでるあなた
後ろから声かけちゃぉう
といいつつも
おしりのラインに
見とれる私

ゴーーーーン

♪小さい秋ー小さい秋ー見ーつけた

毎年、秋になると、あなたにあげてる鈴虫くん
が、今年は強風で飛んでったわ
さようなら、愛しい友よ

ゴーーーーン

さすがにこたえる一人寝に
愛のとどかぬ やるせなさ
追ってのついでに
子づれの夢をみる私

家族の事を悪く言ったからだわ

ゴーーーーン

なんまいだー

ゴーーーーン

-
次のページ>

ランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
-

ノーマルカレンダー

<< 12
2014
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンタ